SDGs部 一周年のごあいさつ

2020年9月1日、CTimeSDGs部は皆さんのおかげで、 1周年を迎えることができました。

SDGs部を通じて、皆さん、様々なストーリーが生まれたと思います。

SDGsと人とSDGs部に「出会い」、

SDGs活動やSDGs部クエストに「挑戦」、

SDGsを知り活動を通して考えの「変化」、

持続可能な開発に「奉仕」、

SDGs活動の量と深さを「探求」、

SDGsという共通語を通じての「全体意識」、

のそれぞれのストーリーができました。

SDGsには「17のメッセージ」はありますが、 SNSも普及し、人の価値観も多様性に溢れ、 SDGsの定義も皆さんそれぞれ違ったりします。

さらに、今の人の価値観は、 世界をこうしていきたいと言われても、 「確かに重要だけど自分には必要ない」 と考える人がほとんどです。

じゃあ、伝えていく必要はないのか、 というわけではありません。

伝えていかなければならないですが、 いきなり伝えても通じないということです。

それよりも重要なのは、「自分のストーリーを伝えること」です。

たとえ些細なSDGs活動と思っていた経験だったとしても、 自分が体験し得られた学びは、ストーリーがある分、 言葉の重みが増します。

価値観や定義が異なったストーリーだとしても、 17のメッセージを前提に話しているので、 共通の全体意識にアクセスしています。

SDGs部は、それぞれのSDGsストーリーを発信して、「出会い」「挑戦」「変化」「奉仕」「探求」「全体意識」 を通じて、一人そしてまた一人と伝えていける、 ストーリーの集まる部活動になればと思います。

それでは、2年目もSDGs部をよろしくお願い致します。

株式会社WCO 代表取締役
SDGs部 部長
山中陽太

 

関連記事

  1. SDGs部 代表あいさつ

  2. SDGs部員名簿|2020年9月3日時点

  3. SDGsバッジ獲得部員の行動宣言

  4. SDGs部|Q&A

  5. 今後のSDGs部について

  6. 【SDGs部】運営メンバー紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP